シロアリの駆除

ヘルメットを持つ笑顔の男

シロアリは知らぬ間に住宅を食害します

シロアリは、自然界にたくさん生息しています。そして、国内だけでも22種類のシロアリが確認されています。でもそのほとんどが、私たちの生活とは異なる場所でひっそりと生活しています。しかし、一部のシロアリはそうではありません。 いつの間にか、私たちの住む住宅で暮らしていることがあるのです。そして厄介なことに、シロアリは知らぬ間に住宅を食害しているのです。 シロアリの存在に気付く時は、食害が既に進んでしまっていることが多いのです。具体的に言うと、住宅の床がベコベコと音を立てるようになったり、大量の羽アリが発生することで気が付くのです。 そうなってしまうと、シロアリ駆除の他に住宅の修繕も必要になり、家計に大きなダメージを与えてしまいます。

シロアリの侵入の有無を知るために

シロアリは普段、地中で生活しており、地中から住宅の基礎部分に侵入することになります。ですから、どうしてもコンクリート製の基礎の上を移動することになります。そこで、シロアリの侵入の有無を知るために覚えておきたいポイントがあります。それは、シロアリがコンクリートの上を移動する時には、蟻道を作ってその中を移動するということです。 蟻道とは、土や木材のくず等を集めて作ったトンネルのことで、シロアリが乾燥から身を守るために作るのです。ですから、コンクリートの上に蟻道を見つけることでシロアリの侵入を見つけることができるのです。 そして、侵入を確認したらシロアリ駆除は早目に行いましょう。シロアリ駆除を行っている業者はインターネットで調べることができますし、シロアリ駆除に必要な料金も分かります。